• お問い合わせ ご予約フォーム
  • LINE予約

100ミリシーベルトで癌危険性0.5%増

国際放射線防護委員会によると

 

放射線を全身に一度に浴びると、癌などで死ぬ危険性は1000ミリシーベルトあたり5%高まる。100ミリシーベルトなら10分の1の0.5%200ミリシーベルトなら1%危険性が増す。

 

日本人の約30%は、癌で亡くなっている。

 

100ミリシーベルトの放射線の影響が加わると癌の危険性は0.5%増え30.5%になり200ミリシーベルトの被爆なら1%上乗せして31%になる計算

 

癌の原因の約30%は、たばこで危険性が0.5%高まる。

100ミリシーベルト程度の放射線と比べた場合発癌への影響は喫煙の方がはるかに大きいと言える。

 

一方、放射線量が100ミリシーベルトより少ない場合、癌の危険性の差はわずかで、はっきりした影響は解からない。一般に、明らかな健康被害が出るのは100ミリシーベルトからとされているのはその為

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30