• お問い合わせ ご予約フォーム
  • LINE予約

アトラスオーソゴナル

アトラスオーソゴナルとは

1.アトラスオーソゴナルカイロプラクティックの歴史

アトラスオーソゴナルの起源は、Dr.Johon F.Grosticが考案したテクニックが基礎となっています。

Dr.BJ.Palmerは、「アトラスはカイロプラクティックにおいて、また脊椎において最も重要な椎骨である」と述べた創始者で,アトラスのみをアジャスト(矯正)する「ホールインワン」カイロプラクティックプログラムを開発しました。

Dr.Johon F. Grosticは、1946年にベクトルによるアトラスのアジャスト(矯正)をグロスティックセミナーにおいて発表し、

Dr. RoyW.SweatはDr.BJ.PalmerとDr.JohnEGrosticより教育を受け、グロスティックセミナーにおいてインストラクターとなり、1980年に、アトラスオーソゴナル・セミナーを発足させ1970年に、第1号のアトラスオーソゴナル装置が考案され発表しました。

 

 

2.アトラスオーソゴナルとは?

アトラスオーソゴナルカイロプラクティックはDr. RoyW.Sweatによって開発された最新のカイロプラクティックテクニックです。

「アトラス」とは第一頸椎、「オーソゴナル」とは直角な状態をいいます。

すなわち、上部頸椎が正しく90度に保つように、第一頸椎の位置を矯正(アジャストメント)するテクニックです。

科学的・生体力学的な手順に基づいて、脊椎サブラクセイション(ずれ・歪み・正常な状態から逸脱したもの)を探し出し、矯正するカイロプラクティックテクニックです。

カイロプラクターの第一の目的は、サブラクセイションを探し出し、矯正(アジャストメント)することです。

アトラスは上下に椎間板(クッション)を持たない事により、骨間固定機能がないために、結果としてこの部位は、その他すべての脊椎部位よりも大きな可動域が見られます。また、アトラス部分には脳幹(生命維持に最も重要な部位)があり、椎骨動脈、C1-C2脊髄神経後根があります。


脊柱の主目的のひとつは、頭の重さを支えることです。頭が水平90度で保たれた中心からズレると、その下にある脊椎は垂直を保てずに、いろいろな配列に変化する補正作用が働き歪んだ配列となってしまい、左右の下肢長差が生まれます。頭の中心は常に両足の中心に維持されるようになっていて、アトラスをアジャストし矯正することとは、頭と頚椎の位置を根本的に矯正させることになります。すると、下部の変化・変形していた脊椎は中立もしくは正常な垂直位に戻り、下肢長差も改善されます。

アトラスオーソゴナルによる矯正は軽い力でアジャストメントを行います。「LightisRight(軽いが正しい)」と言われています。
上部頚椎領域をアジャストすることは、簡単なことでは有りません。。それは、脳外科と同じくらいデリケートで、科学的データ(レントゲン)の分析をもとに安全を考慮したうえで行う事により、もっっとも安全で正確な治療法となります。

ー----------------------------------------------------------------

アトラスオーソゴナルについて詳しくはこちらの関連ブログはこちらを参照ください。↓

・アトラスオーソゴナルレントゲンの必要性
・当院で行っている「アトラスオーソゴナルカイロプラクティック」と施術のながれをご紹介いたします!
・当院の自律神経失調症に対するアプローチ
・頸椎・腰椎椎間板ヘルニア急増しています!!!
・当院で行っているアトラスオーソゴナルとは
・カイロプラクティックとは?
・下を向いて掛かる頚への負担
・当院で行うアトラスオーソゴナルのレントゲンの重要性をご説明いたします。
・カイロプラクティックの効果とは?
・首の骨をボキボキするのは効果的なのか否か
・腕の痛み・痺れ・脱力感など「胸郭出口症候群」では有りませんか?
・自律神経失調症に対するカイロプラクティック的アプローチ・栄養学的アプローチ

 

 

サジタル(側面像)

フロンタル(正面像)

オープンマウス(開口像)

ホリゾンタル(頭頂像)